農業ビジネスとして「純国内産きくらげ」の生産事業が選ばれる理由④ 栽培スタイル