野菜の集荷販売

野菜の集荷販売
既報済みですが、弊社では就労継続事業所様を対象のメインとして山口県内の野菜の集荷販売を開始しています。

集荷は委託契約として別業者様が運営し、販売先は弊社のルートで行なっています。

生産者の抱える問題点として生産した作物の販売先の確保があります。

良質な作物を生産しても一部での地産地消という領域を超えた販路の確保が難しく、思うような収益の伸びにつながらないといった現状があります。

農福連携事業の弱点といえる部分です。

その反面、市場ではより多くの数や様々な品目の商品を欲しているところがあるのも事実です。

しかしながら双方をスムーズに結びつける流通体制が整っていないため、悩ましい状態が続いています。

そのような現状を打開するために弊社が間に入ってマッチングすることで双方のウォンツを解消できれば、生産者の認知度や生産物の評価アップといったことが可能になり、まさにwin-win-winの関係が成立するのではないかとの思いから運営を開始しています。

また、生産者側にはマーケットの情報が入りにくいといった問題もありましたが、弊社で入手した開示可能な情報を生産者側とシェアすることで、生産者側の視野を広げることができます。

こういった試みは、日本の農業自体の課題の克服にもつながり、副産物として新しいビジネスアイデアのヒントを生み出すきっかけとなるかもしれません。

気象状況に左右されやすい農産物の安定供給に少しでも近づければ、最終的に消費者のウォンツも満たすことができるのではないかと思います。

  一覧へ戻る