農林副大臣 谷合正明 様が来訪されました。

先月になりますが、農林副大臣の谷合正明 様が小泉山口県議と弊社菌床工場へ来訪されました。

谷合副大臣は農政の現場から地域発展ということで、西日本を中心に全国各地の農業現場を視察されながら現場の実態および現場目線での課題等を拾い上げて、これからの農業改革に向けて尽力されています。

弊社へは、イノベーション的な農業の実践、就農の取り組み方・普及方法などをヒヤリングされ、実際の作業現場を見学されました。

「純国内産きくらげ」という今までありそうでなかった新しいカテゴリにアプローチした点は、非常に関心を持たれていたようです。

弊社といたしましても、安い万能食材というイメージのきくらげから、きくらげに秘められた多くの栄養素や2次加工品としての可能性など、きくらげの新たな付加価値とビジョンをお伝えするとともに、売上単価は小さくてもそれなりに設備投資がかかるという実態もお話させて頂きました。

今回、行政へアナウンスできる機会が得られたことは大変有り難いことでしたし、このような形で各地の声が今後の日本の農業改革へ生かされていけばと思います。

  一覧へ戻る