菌床工場に新しいシステムの導入

菌床工場に新しいシステムの導入を行っています。

前回のオートメーションシステムではどうしても改善しなかった不具合があり、それを修正する形の新システムの依頼をしておりましたが、今回、新システムを導入する運びとなりました。

上手く試験運転をクリアできれば本格的な稼働に入り、きくらげ菌床の製造量アップを図ってまいります。

現在は生産者の方の周年栽培が増えており、年間を通しての菌床製造がスタンダードになってきています。

それに伴って、菌床の製造量も急激に増えていますので早期に大量生産の体制を整える必要があると同時に、菌床工場を含めた大型契約もありますので、このシステムを組み込んだ効率化した工場設計も必要になってきております。

以前お伝えした通り、弊社栽培棟は研修用の栽培棟へと移行しており、弊社の業務も菌床製造、研修、サポートといった生産者のバックアップにシフトしています。

オリジナルブランドで純国内産きくらげのプロモーションをされている生産者も増えてきてますので、弊社ではグループ全体のサポート業務に比重を傾けたいと考えております。

  一覧へ戻る