弊社の地元、山口県のきくらげ生産者希望の方々の視察

弊社の地元、山口県のきくらげ生産者希望の方々の視察

 

昨年は、山口県外の多くの生産者の方々に視察で来訪して頂きました。

純国内産きくらげ『笑顔のきくらげ』が全国に広がって行くことは、弊社としては大変喜ばしいことです。

今年も多くの生産者の方々との出会いを楽しみにしたいと思います。
それと同時に弊社の地元である山口県の方々にも、もっときくらげの生産事業に参加して頂ければと考えております。

 

きくらげ事業は、雇用の促進、地域活性、また休耕地の有効活用にも貢献できるビジネスモデルをもっています。

しかしながら、これらのスキームはある程度のコミュニティの構築によってより加速されるものだと思います。

有難いことに、今年は1月から3組8名の県内の方々に視察にきていただきました。

弊社は、地元をきくらげ一大生産地に作り上げたいという夢があり、このようなきっかけを機に、きくらげを通して『地方創生』に寄与できればと思います。

 

不安定な経済状況で幕開けした今年は、3月を前にしても市場の不安は広がるばかりで、世界経済の先行きは不透明感を増しています。

そのような中で、地方経済圏からの積極的な発信は重要な意味を持つものではないでしょうか。

TPPを機に我々の分野も大きな変革期にきているものと思われます。

高齢化が叫ばれるからこそ世代交代のチャンスの時であり、競争激化が不安視されるからこそ攻めへのパラダイムシフトが大事になってくると思います。

我々のビジネスが、そして我々の分野が、未来経済を少しでもプラスに働かせる起爆剤になればと考えております。

 

  一覧へ戻る