イノベーションと労働力

イノベーションと労働力

 

弊社では3名のパートさんに日々頑張って頂いてます。

積極的に効率性を考えて作業に取り組んでいただいており、生産性の向上に貢献して頂いております。

技術進歩による社会システムの整備が進む中、より合理的な生産体系に目が行きがちですが、

弊社においては『柔軟性ある判断』を要するセクションも多々あり、人的パワーの必要性はスームズな生産ラインの構築の重要なポイントになっています。

弊社きくらげ事業のビジネスモデル自体がイノベーション事業として認定されている経緯もあり、地域の活性や雇用の促進はひとつの使命ではありますが、

それはイノベーションがもたらす労働市場縮小の代替としての雇用創出だけでなく、ディープラーニングではまだ補いきれない労働の質という『価値への視点』も併せ持つようにしています。

 

  一覧へ戻る