きくらげ菌床工場のオートメンション化

きくらげ菌床工場のオートメンション化2

 

既報通り、弊社ではきくらげ菌床工場でのオートメンション化を計画しておりましたが、いよいよ装置制作も最終段階に入り、早ければ今月末には設置が可能となりました。

オートメーションシステムを導入するメリットは、

・マンパワーから自動管理への切り替えによる生産ラインの効率化。

・タクトタイムの短縮で目標生産量のUPが可能。

・全国均一な品質の菌床を生産が可能。

・ラインの簡素化によるコスト削減。

などです。

きくらげの需要とグループ生産者の増加が進む中、従来の方式では菌床製造が追いつかないという状態が続いておりました。

現状のままでは、職人への負担が大きくなるばかりか数値目標も頭打ちということで、この問題点の解決策が緊急の課題でしたが、今回のオートメーション化によって、煩雑な作業工程を省略、職人はオペレーティングや品質チェックに回って品質向上に務めるという体制が可能になりました。

国内産きくらげという市場を拡充していくために、弊社では今後もハード・ソフト両面からさまざまな施策を行っていく予定です。

 

  一覧へ戻る