きくらげ栽培

きくらげ栽培

ここのところ朝方と昼間の気温の差が激しいため、きくらげの出荷まではもう少し時間が必要ですね。

ビニールハウスは外気温の影響を受けるため、この状況は仕方ない部分があります。

しかし、規制の問題やハウス内の空気循環、雑菌の排出などの点を考慮すると、
現状ではまだビニールハウスがベストなコスパと言えます。

現在、品質を落とさずにより効率よく収穫できる方法を様々なアプローチで行なっております。
画期的な案もありますので、引き続き模索していきたいと思います。

  一覧へ戻る