きくらげオリジナルスライサー設計中

きくらげオリジナルスライサー設計中

 

今季からのきくらげ増産に備えて、様々な設備の増設・仕様変更をしていますが、今、きくらげのスライサーを設計依頼しております。

 

弊社「笑顔のきくらげ」には乾燥きくらげのラインナップに「ホール」と「キザミ」があります。

ホールは料理に合わせてご自由にカットして頂くタイプで、キザミはそのまま使えるようあらかじめスライスした状態で出荷しております。

現状は4mm幅のスライスにしていますが、ラーメン店などでは2mm幅が多いため、新しいスライサーではスライス幅の設定にかなりの自由度をもたせる仕様にしたいと考えております。

 

新しいスライサーの完成は5,6月あたりを目処にしております。

 

従来の1.5倍の処理能力のあるスライサーになる予定ですので、順調に稼働していけばかなりの生産アップに繋がります。

 

  一覧へ戻る