第3回沖縄大交易会に参加して

第3回沖縄大交易会に参加して2

 

先月開催された第3回沖縄大交易会のご報告です。

沖縄大交易会はプレ大会を含め今回が4回目ということですが、弊社サンアローは初めて参加させていただきました。

さすがに沖縄県肝いりの国内最大級の国際食品個別商談会ということで、非常に多くの生産販売事業者や加工業者、バイヤーで盛り上がりを見せていました。

今回の参加企業、バイヤー数は国内外を合わせて463社、商談件数3千件あまりと過去最大の規模になったということです。(沖縄タイムスプラスより)

まさにこの数字こそが国際ビジネス都市を目指す沖縄県の意気込みということでしょうか。

沖縄大交易会の最大の特徴は[事前アポイント型個別商談会]というスタイルです。

これは、ビジネスマッチングサイト(BMS)」を活用して、本商談会前に企業、バイヤー双方が事前に相手の情報をチェックし、メールなどでコンタクトをとって商談に臨むというスタイルです。

こうすることで商談前に双方の考えや目的などをしっかりと把握することができ、本商談への入りがスムーズになってより具体的な交渉を行うことができます。

限られた時間内での商談は、フォーマルな部分の時間比率は極力抑え次に繋げるための有効的な話し合いに時間を費やしたいと考えておりますので、このスタイルでの商談会参加は私達生産者側にとって大変に有意義なものとなりました。

現在はアポイントいただいた海外バイヤー様を含む数社と商談を継続しているところです。

海外進出への糸口となる沖縄大交易会には、来年も参加させて頂く予定です。

笑顔のきくらげ

  一覧へ戻る