念頭のご挨拶

 

あけましておめでとうございます。

2018年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は新たな試みに積極的に投資し、今後の事業展開を加速するための基礎構築を固めた年でした。

本年も引き続き基盤の強化と付加価値分野への進出など、重要課題の解決や成長戦略の実現に向けて全力で邁進していく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

弊社の展開するきくらげ生産ビジネスは、弊社ブランド「笑顔のきくらげ」を生産して頂く生産者の方々と共に成長していく理念に基づいた新形態のアグリビジネスです。

アグリビジネスは国や地方自治体が最も強化を推進する事案のひとつで、農林水産物・食品の輸出額1兆円の倍増計画、学校給食の地場産(国内産)生産物使用への切り替え、農林漁業の6次化およびRT・ICTによるスマート農業化の推進など、高い目標実現のために強力なバックアップ体制が敷かれています。

また、アジアをメインとした世界の食市場の拡大に伴い、無形文化遺産「和食」の普及や「made From japan」「made By japan」「made In japan」の日本食文化の浸透を目指す積極的な取り組みがなされています。

こういった流れの中で、純国内産に拘った「笑顔のきくらげ」の生産事業は官公庁・金融機関など行政及び関連機関から高い評価を頂いております。

弊社では、市場の多様化・ニーズに呼応しながら、より高品質の生産物・高付加価値製品の開発に取り組み、生産者の方々とともに国内産きくらげの市場の拡大と地位の確立に努力していきたいと考えております。

  一覧へ戻る